「創清会」松井聡後援会

お問い合わせはこちら> 創清会|松井聡 岐阜県羽島市
 

志と挑戦

 私は、羽島市竹鼻町狐穴(共栄町)に生まれました。母が病弱であったため、乳幼児期は、教師であった叔母に育てられ、その後、岐阜市に転居しました。

 市役所就職を機に、羽島市正木町曲利に居を構え、豊かな緑と温かい人情の中で暮らしています。

 38年間お世話になった羽島市役所では、広報・広聴や市の計画策定をはじめ、街づくり、病院経営、教育行政などを経験してきました。

 健全な羽島市づくりには、市民の皆様が第一に位置づけられなければなりません。そのためには、市民の皆様とのコミュニケーションを第一に考え、計画的な施策推進を図るとともに、変動する社会・経済情勢に即応した施策を作り上げて実施するバランスのとれた行政運営が必要です。その実現のためには、開かれた市役所による市民の皆様方と行政との「協働」が不可欠であります。

 

 現在の日本は、少子高齢化の進展による社会構造の変化への対応が迫られています。このような中、国においては、住民や多様な主体が参画し、地域をともに創っていく「地域共生社会」が提唱されています。この地域共生社会の考え方は、私が市長就任時から「市民第一主義」を掲げて進めている住民主体のまちづくりに合致するものです。

 羽島市では、平成28年4月にまちづくり基本条例を作りました。同条例は、市民の方々が自らまちづくりに参加し、ともに活動することによって、協働によるまちづくりを図ることを目的としています。市民協働とは、行政がこれまで行ってきた計画策定や事務処理等の手順を見直し、市民として協力していただけること、地域として行っていただけること、そして市役所がすべきことを分類・整理することが第一歩となります。

 この条例の理念を成果につなげていくためには、行政が市民の皆様方に歩み寄り、対話の機会を持つことが不可欠です。平成29年度からは、市が抱える重要課題や市民生活に及ぼす影響が大きい事柄について、「タウンミーティング」を各地域で開催するとともに、事業のあり方の最適化により限りある財源を効果的に活用し、行政改革を抜本的に進めるため、公開の場で外部の視点を交えて議論や評価を行う「事業仕分け」を実施してまいりました。今後も引き続き開催してまいります。

 市民の皆様方と問題意識を共有し、ともに汗を流すこと。それが市民第一主義を推し進め、地域との共生をさらに発展させ、ともに地域を創り上げていく「地域創生社会」の実現に向けて努力してまいります。

 皆様方の負託に応えるべく、真摯に市民第一主義の人づくり・まちづくりに努め、将来に向けた羽島市の歩みを着実に推進してまいりますので、どうか、倍旧のご理解とご支援をお願い申し上げます。

FACEBOOK